解決!転勤族ママの上手な引越し見積もりと転勤妻の稼げる仕事

転勤族の妻&ママは必見!妊娠中や小さい子供を連れての引っ越し手続きのコツや友達作りについて紹介。引越し代金を大幅に値切るなら見積もりが決め手!また転勤族の妻でも自宅でやり甲斐を持って働ける仕事について教えます。一人でも多くの転勤族主婦がハッピーになるためのブログ

雨の日の幼稚園の自転車送迎対策はこれで決まり!

 

雨の日に幼稚園や保育園に自転車で送り迎えするのってとっても大変ですよね?

近ければ歩いていくのが良いですが、少し距離があると子供に傘を持たせて歩くのはとても危険。時間もかかり大変です。我が家は幼稚園までの距離があり歩くのはムリなので大雨の時はバスを利用し、大雨以外の時は自転車で行くことにしました。

でもやっぱり上の子も下の子もそして自分も濡れないようにするには、きちんとした対策が必要です。レインコートやレインブーツを利用するのはもちろん自転車にはレインカバーも必須です。
子供も自分もなるべく濡れずに通園するために行き着いた格好をレポートします♪

それでは早速『雨の日を少しでも快適に!自転車で幼稚園に送り迎えする方法』をお届けします。ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

ご訪問ありがとうございます^^いつも元気なてんママです♪

(詳しいプロフィールはこちら♪ 目次はこちらをご覧下さい!)

 

f:id:namakouso:20170226233435j:plain

 

 

 

雨天の幼稚園の自転車送迎!我が家が購入したのはこちら

 

f:id:namakouso:20170225015408j:plain

 

レインカバー

我が家が買ったこのレインカバーはとても優秀で、大雨でなければレインコートを着ずにそのまま乗っても濡れてしまう事はありません。

(ちなみに幼稚園までは1.5㎞弱。信号と坂が多いので10~15分ほど乗っているかな?)

冬の時期は付けっ放しにしていて、風除けとして利用していますよ。

 

 

あと付けのフロント用レインカバーはこちら↓

視界が広く圧迫感が少ないからか、初めてカバーを付けた時から息子も嫌がりません♪

 

 

カゴカバー

幼稚園のカバンや水筒も濡れずに済むので大活躍!さらにこのカバーは荷物が多いときはファスナーを開けると容量が2倍になるのも嬉しいところ(^o^)

 

 

 

レインポンチョ

下の子は一歳半すぎから抱っこ紐を嫌がるようになったのでレインカバーにしましたが、1歳半になるまではエルゴで抱っこしていました。

抱っこ紐だと駐輪場に着いてからも自分が傘を差すだけで移動できるので楽ちんです。
抱っこ紐をしたままでも着れるこのポンチョは最高にオススメ♪

 


<失敗談>実はこのレインポンチョを買う前に買ったアウトド○ーのレインポンチョはファスナーが短く息子の頭が埋もれてしまい、暗いし息苦しくて嫌だったのか泣いて暴れて試着以降は着ることができませんでした(ノ_<)
でもこの新しいポンチョは前が広く開き、さらにファスナーなので子供が成長しても調節もしやすいです◎
そして少し重さがありますがその分防水加工がしっかりと施されていて雨が染みてくることも今のところ全くないです(*^^*)ただ丈夫なのでデメリットとしては夏は蒸れて少し暑いですね。その代わり冬はとても保温性に優れ温かいです。

 

レインバイザー

レインコートとレインブーツで大雨でなければ傘がなくても大丈夫。でも一つだけ濡れてしまって困っていた場所が…。それが顔です。

でもこのレインバイザーを購入してから顔が濡れることも、化粧が落ちてしまうこともなくストレスが激減しましたよ。

 

 

 

 

ママチャリで雨天の幼稚園の送り迎えをする時のまとめ

道路交通法が改正され、傘さしでの自転車運転はもちろん、傘を自転車に固定して走行することも禁止されています。

でも最近のレイングッズは優秀なのでレインカバーやレインハット、レインポンチョを利用すれば濡れずに自転車で送迎することは可能です(^^♪

ただどうしても雨の日はいつも以上に時間がかかります。時間がなくなるとママも焦ったりイライラしてしまうと思うので時間に余裕をもって出かけましょう^^

また小雨でも風の強い日はタイヤが滑ってしまいます(>_<)そういう日はむりをせず、バスやタクシーを利用した方が安全ですね。

雨の日も風の日も、極寒の日も、自転車での送迎は大変です。でもきっといつか良い思い出になる日が来ますね。便利グッズを上手に活用してなるべくストレスを減らし乗り切りましょう(*^^*)

 

関連記事はこちら↓

www.tenkin-mama.net